News

2016-05-07 13:18:00

エノテカBer Ber Barさん主催のイベント“Kobe満月バール”。5月の満月は22日、日曜日ということで西舞子の海沿いのゲストハウスで行われます。詳細はEventページでご覧ください。


2016-05-06 19:18:00

先週のことになりますが、熊本・大分の地震被災地への支援ができればと、個人で所有していたボー・ペイサージュの2011年産の3種のロゼを特別に販売させて頂いたのですが、販売の告知の前に醸造家の岡本英史さんに電話で内容をお話したところ、快く承諾、その上、岡本さんの個人所有(非売品)のプライヴェート・リザーヴの白・赤を何も言わず送ってくださいました。驚いてすぐに電話をすると、これも何かに役立ててもらえたら・・と。
そこで、系列店ヴェッキアスプーニャで"ボー・ペイサージュな週末"の企画を行った日から、グラスワインとして皆様に楽しんで頂きました。この在庫がある間はグラスワインとして継続して、この分のすべての売上を3種のロゼ・ワインの売上とともに被災地のいずれかの団体(機関)に寄付をいたします。
送って下さったプライヴェート・リザーヴは、ロゼと同じ2011年産ですが、まだ酵母の活動が終わっていないのか、白・赤ともに炭酸ガスがわずかに出ています。ナチュラルな造りのワインを扱っていると、春になると活性化するワインに出会う経験をすることがあります。ヴェッキアスプーニャでは今が旬の食材を使った料理が充実していますが、このワインの味わいがよく合います。ぜひお試しください!

ボー・ペイサージュPR2011.jpg


2016-04-28 22:16:00

山梨県津金の小さなワイナリー、Beau Paysageさんの2011年のロゼをリリースすることになりました。詳しくはNew Arrivalsのページで!


2016-04-24 10:05:00

ワインの輸入に携わり、フランスで自らワインを醸してきた石原順子さん(新井順子さん)は現在、茨城県で日本酒の醸造に挑戦されています。昨年、熊本の八代市、南阿蘇郡で収穫された無農薬のお米を使って、東日本大震災で大きな被害を受けて再建中の茨城県の蔵元の設備を使用して仕込んだ日本酒です。実は、瓶詰め前の濾過の段階で雑菌によるアクシデントがあり、順子さんは発売中止を決められていたのですが、その数日後、奇しくもそのお米を作ってくれた熊本が大きな地震の被害を受けました。そこで、熊本のお米"吟のさと"を使用したこのお酒を、このいきさつをご理解頂けるお酒を愛する方々に買って頂いてそのお金を被災地に役立ててもらえたら・・と発案されました。酒税・消費税なども当然かかっていて、造るために掛かった費用等は順子さんが負担、飲み手へのご案内、販売は協力を申し出た酒屋が行うことになりました。瓶詰め数は2000本ですべて売れれば200万円ほどになりますが、お金が集まってから順子さんを通じて、順子さんが判断した、ちゃんと早く役立てられるところに送金されます。

そのお酒が、今日届く予定です。さらに詳しい説明は直接いたします。取り急ぎのご案内です。1本1080円です。みなさんご協力お願いします。吟のさと.jpg

 


2016-04-17 09:56:00

4月22日と23日は当系列店ヴェッキアスプーニャで特別メニューとワインとご用意。

詳しくはこちらでご覧ください→Clic!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...